イベント>ワークショップスケジュール

<< 戻る

HACCPおよびPRPs 研修のご提供〜定型研修と訪問型研修のご案内です

日本HACCPトレーニングセンター

  • 国際的に通用する正しいHACCPの日本での普及を目的に、1999年に田中信正先生を理事長に設立された
  • 現在の会員数1,392名(リードインストラクター240名、上級コーディネーター61名、コーディネーター1,091名:2014年 5月31日現在)
  • ワークショップ、ツアー、セミナーの開催を通じてHACCPの普及啓発を図る
  • 研究部会活動
  • 農林水産省HACCP普及事業の公募採択(2008年)
  • コンサルティング・ファーム設立(2008年)

食品の品質管理体制強化対策事業 JHTC事業リスト

  1. 輸出促進円滑化研修会開催
    (1)グローバル革新のための「食品防御」研修会
    (2)ハラール・マーケット参入支援の実務者養成研修
  2. 専門家の活用支援事業(50%支援)
  3. 認定高度化計画に関するフォローアップおよびHACCPに関する普及啓発の実施

JHTCが提供するトレーニング メニュー

  • 定型研修と訪問型研修があります
  • 定型研修―不特定多数を対象とした一般的に広く食品事業者等に対応した専門研修
    • キャリア形成促進助成金(大企業1/3、中小企業1/2)の対象となる場合があります
  • 訪問型研修―特定の食品事業者等に向けたカスタマイズ可能な専門研修
    • 訪問型研修は、目的・目標、時間、現場にあわせた演習などフレキシブルな対応が可能
    • 農林水産省補助金の活用対象となる場合があります

HACCPおよびPRPsの定型研修メニュー

  1. HACCP手法等の導入促進に関する研修会(4つ)
    (1)HACCP導入研修会の開催HACCP導入研修会 「現場を変える食品安全行動〜日本版Safer Food Better Business(ウェビナー対応)〜」 :半日×5回
    (2)HACCPコーディネーター(実務者)養成ワークショップ:3日間
    (3)HACCP上級コーディネーター養成研修(HACCP検証と科学的証明):3日間コース
    (4)HACCPリード・インストラクター(指導者)養成研修(Train-the-Trainer):3日間
  2. 国際スタンダードPRPs実践ワークショップ:2日間
    • JHTCの国際的に認められる定型研修のノウハウが、訪問型研修にも活用できるので、国際適合性の高いトレーニングを提供することができます

1‐(1)HACCP手法等の導入促進に 関する研修会

HACCP導入研修会の開催HACCP導入研修会 「現場を変える食品安全行動〜日本版Safer Food Better Business」 :半日×5回
  • 平成23年度に「HACCP手法に関する情報提供等の実施」事業により、英国SFBBを基本に開発した日本版「行動ベースの食品安全プログラム」をテキストとして使用。
  • 具体的内容は交差汚染の防止(Cross Contamination)、洗浄・消毒(Cleaning)、冷却(Chilling)、加熱調理(Cooking)の4C、および管理(management)。単に一方向の講義だけでなく、実演(手洗いやクリーニング、棚の先入先出や温度管理等)や対話(ケーススタディ等を元に)を交えて行動ベースの理解を促す。
HACCP導入研修会の開催HACCP導入研修会
  • 厨房施設に最適の食品安全プログラムです
  • 行動ベースなので現場の管理がとてもやりやすくなります
  • このパックはHACCPやハザードの言葉は使われていません(専門用語はすべて避けた)
  • こんな管理者にお薦めします
    • ホテルレストラン現場やその管理部門
    • フランチャイズ展開しているフードサービス
    • 給食施設(学校等、介護食、病院食)
    • バックヤードなど小規模の惣菜施設

1‐(2)HACCP手法等の導入促進に 関する研修会

HACCPコーディネーター(実務者)養成ワークショップ:3日間
  • 一方的なセミナー形式ではなく演習を中心としたワークショップ形式による現場で使えるコーディネーター(実務者)養成研修。
  • 国際標準であるコーデックスおよびNACMCF(食品微生物基準諮問委員会)の最新ガイドラインに基づいた国際的に通用する教育プログラム。
  • HACCPの前提条件となる一般衛生管理について、施設単位で管理すべき要件(設備、サニテーション、個人衛生)や訓練と製品ごとに管理すべき要件(工程管理)とを明確に整理して理解する。そして、実践的なハザード分析、ベリフィケーション(検証)およびバリデーション(科学的証明)の計画構築について、ロールプレイング演習などを交えた教育・訓練を実施することで、HACCP構築および運用のための必須技能を修得する。
HACCPコーディネーター(実務者) 養成ワークショップ
  • GFSIが認める国際標準は、コーデックスとNACMCF(全米微生物基準諮問委員会)です
  • 国際的に認められるHACCPの実施が取引先の信頼と支持を勝ち得る最短の方法です
  • こんな実務者におすすめです
    • ホンモノのHACCPを知りたい
    • 効率的で実効性の上がる品質管理・品質保証の仕組みを構築したい
    • 既存のガラパゴスHACCPの限界を感じている
    • 取引先の指導・支援に活かしたい
    • 食品安全マネジメント(SQF,ISO22000,FSSC22000, etc..)

1‐(3)HACCP手法等の導入促進に 関する研修会

HACCP上級コーディネーター養成研修(HACCP検証と科学的証明):3日間コース
  • 一方的なセミナー形式ではなく演習を中心としたワークショップ形式による現場で使えるコーディネーター養成研修の上級コース。
  • 国際標準であるコーデックスおよびNACMCF(食品微生物基準諮問委員会)の最新ガイドラインに基づいた国際的に通用する教育プログラム。
  • 前提条件プログラムの検証、CCPの検証、HACCPシステムの検証、HACCP計画の科学的証明(妥当性確認)と再評価、HACCPプログラムの監査等について、ロールプレイング演習などを交えた教育・訓練を実施することで、HACCPシステムを支える検証活動を体系的に理解しシステム改善(PDCA)のための必須技能を修得する。
  • さらに今年度は、米国FSMAやGFSIで必須事項とされる食品防御,海外サプライヤー検証(FSVP)や第三者監査の最新情報も。
HACCP上級コーディネーター養成研修
  • 検証=HACCP計画が正しいものであり、システムが計画通りに運営されているかどうかを決める、モニタリング以外の活動(NACMCF)
  • コーデックスではあいまいな検証も、NACMCFでは非常に明確
  • こんな実務者におすすめです
    • HACCP実務者研修を修了している
    • 品質保証担当者
    • 内部監査、二者監査、第三者監査
    • 審査機関、検査会社
    • 食品の輸入または輸出を営むもの、またはその製造者

1‐(4)HACCP手法等の導入促進に 関する研修会

HACCPリード・インストラクター(指導者)養成研修(Train-the-Trainer):3日間
  • グローバルに通用する国際HACCP同盟(International HACCP Alliance)認定の指導者育成コース。
  • 効果的なHACCP教授法などを、ロールプレイングを通したワークショップ形式で学ぶ。いまだ日本に数少ない、正しいHACCPを理解している指導者を育成する。
  • 修了者はHACCP指導者を紹介するコンサルティングファームの専門家登録員として食品事業者等のHACCP普及支援で活躍できる。
  • 成人の学習スタイルの相違、教える側のスタイルの相違に与える影響、教材の効果的な利用法と各種テクニックの評価、基礎的なHACCPコースにおける学習目標等を予定。またグローバルに求められつつある食品防御および、米国の新しい食品規制FSMA(食品安全強化法)の最新情報にも触れる。
HACCPリード・インストラクター(指導者)養成研修
  • 成人教育:成人は自発的であり、自分自身によく合う学習経験を決めたいと望む
  • 「JHTC 認定HACCP リードインストラクター」は、JHTC認定ワークショップでのアドバイザー、さらには講師としてご活躍いただけます。
  • こんな実務者におすすめです
    • HACCP研修会のJHTC認定講師となって活躍したい
    • 現場の理解を得るトレーニング手法を学びたい
    • 正しいHACCPを教授できるようになりたい
    • 本場のHACCPを知り疑問を解決したい

2.HACCP手法等の導入促進に 関する研修会

国際スタンダードPRPs実践ワークショップ:2日間
  • 輸出に耐える前提条件プログラムの整備は、国際標準であるコーデックス委員会の食品衛生の一般原則第4版(CAC/RCP1-1969, Rev4.2003)に基づくことが基本である。
  • 一般原則8要件に基づき一般衛生管理をマネジメント範囲別(サプライチェーン、施設全体、製品ごと)に整理して理解し、HACCP導入へ容易にステップアップできる土台となるプログラムの構築ができる人材を育成する。
  • 一方向のセミナー形式ではなく、双方向のディスカッションによるワークショップ形式での一般衛生管理研修。コーデックス委員会の食品衛生の一般原則、前提条件プログラム(PRPs)とHACCP、オペレーションに係る文書作成、施設全体で管理するマネジメントプログラムの文書作成、食品防御など国際的に求められる特別プログラムの文書作成、グローバルマーケット等を予定。
国際スタンダードPRPs実践ワークショップ
  • 文書のための文書、記録のための記録で現場の効率性が低くなっていませんか?
  • こんな実務者・指導者におすすめです
    • すでにHACCP研修を受講・修了している
    • 現場の課題のほとんどは一般衛生管理のプログラム化であり、どの程度の文書化・記録が必要なのか判断に苦労している
    • オペレーションPRPsを国際標準に沿って明確に理解したい
    • 食品防御やサプライヤー管理など新たな課題に直面している

訪問型研修のメニュー

  • 上述した正規トレーニングプログラムのうち、
    • HACCPコーディネーター(実務者)養成ワークショップ:3日間
    • HACCP上級コーディネーター養成研修(HACCP検証と科学的証明):3日間コース
    • 国際スタンダードPRPs実践ワークショップ:2日間
  • カスタマイズ研修
    • 自主的な導入のためのリーダー育成トレーニング
    • 重要工程オペレーターのトレーニング
    • 内部監査員の育成トレーニング
    • 米国FDAの査察や小売・製造メーカーの二者監査への準備支援…etc.

訪問型研修の概要について

  • 通常型開催と違いトレーニングプログラム(テキスト、講義、演習、力量のある講師)を提供します
  • 主催者は、製造メーカー、バイヤー、組合組織、研究会など、条件規定はありません
  • 受講者は食品事業者等に限定されます
  • 会場、テキスト、講師など基本的な費用が国庫よる負担を受けられるため開催に係る負担が最小限となります

訪問型ワークショップの開催方法

  • 貴組織が主催となり受講者を募集します
  • 社内開催ももちろん可能です
  • 日本HACCPトレーニングセンターは共催です
  • 自社の課題、解決したいことをご連絡ください
  • ニーズに基づき、国庫支出と非国庫支出の半額補助ルールに沿った見積もりを出させていただきます
  • 国庫支出のルールは、専門家活用支援費のご案内(http://www.jhtc-haccp.org/)を確認ください

HACCP導入済み企業の フォローアップ事業について

  • HACCP手法を導入・運用、あるいはHACCP支援法の認定計画に基づき施設及び運用体制の整備を完了して、1年以上が経過した食品製造事業者が対象
  • 指導者等の専門家を活用して、HACCPによる衛生管理・品質管理が適切に行われているかを確認
  • 不備が認められた場合には、是正のための助言・指導を行う取組(フォローアップ)を実施
  • 国庫で認められる経費は基本的に認められる
  • フォローアップトレーニングとして認められるのは、カスタマイズ研修のみとなります

日本HACCPトレーニングセンター

お問い合わせはこちらまで
日本HACCPトレーニングセンター
専務理事 杉浦嘉彦
携帯:080-2040-1237
E-mail:yoshihiko-s@keiran-niku.co.jp

事務局(岩本、法嶋)
TEL:050-5808-9809(IP電話)
FAX:03-3268-1106
東京都新宿区山吹町332 オフィス87 5階
(株)鶏卵肉情報センター内

参加申込フォームはこちら<<

ご案内のPDFはこちら<<

<< 戻る

▲このページのトップへ戻る

組織

組織
会員
コンサルタント登録
エリアオフィサー制度
公共事業への取り組み

活動内容

ワークショップ研修事業
HACCP関係解説
コンサルタント紹介・相談窓口
会員向けページ

イベント

日本HACCP
トレーニング・センター事務局
(株)鶏卵肉情報センター・東京支社内
〒162-0801
東京都新宿区山吹町332 オフィス87
TEL:03-3267-4595
FAX:03-3268-1106
(JHTC専用IP電話)
TEL:050-5808-9809

食×農MOOCは、ウェブを活用したオンデマンド講義配信システムです。食品安全に関する最新情報を、職場やご自宅に居ながらにして学習できます